ダバオ旅行記(2/3)

スポーンサードリンク

"この記事は投稿情報による記事です。"

ダバオのレストラン

LUZ KINILAW INIHAW PLACE

営業時間:午前7時~午前0時
サンタアナ港から近いのでタリクド島の帰りに寄って少し早めの夕食を食べました。
マグロのカマ焼きは店頭で焼きます。
1階は狭かったので2階に上がりました。
Jaw Tuna(マグロのカマ焼き)ハーフサイズ(250P)、KINILAW(マグロのカルパッチョのようなもの、130P)、サンミゲル50P、ライス20Pで450P。、ハーフでも1人では量が多く1/3残した。美味しいが身がパサついているので、醤油とカラマンシーををかけて、ビールでのどに流し込んだ。KINILAWは生臭くなく、カラマンシーとビネガーをかけて食べたがとても美味しい。ご飯はおかずが多いので殆ど食べられず。
レストランからホテルまでのタクシー代は少し渋滞したので93P。

Penong's Quirino

営業時間:10:30AM~2:00pm&5:30PM~10:00PM
Jotel Innを出て右に一軒挟んだ地元のチェーンレストランで滞在中に2回行きました。
この店でもダバオ名物のマグロのカマ焼き(236P)とKINILAW(152P)が食べられますが、LUZ KINILAW INIHAW PLACEで食べたので、1回目は、店員オススメのシーフードチョップスイ(165P)とライス(25P)=190Pを食べました。シーフードチョップスイは、イカが沢山入って薄味で美味しく量も多め。無料スープとサービスウォーターは最初に持ってきます。
2回目は、地元民の多くが頼んでいる「Inato2」 1pc. Chicken BBQ(112P)を食べました。個人的には全国チェーンのINASALより、皮がパリッと焼けてタレも美味しい。無料スープが出なかった。ウエイターが何か言っていたが、スープがいるか聞いていたのかも。

YURUSHI(ゆるし)

営業:8時から22時
ダバオで一番安い日本食レストランだそうです。ホテルからタクシーで行きました。メーターで67.5P。
カツ丼(85P)はご飯が長粒米だが味はちゃんとした日本の味。マンゴシェイク(30P)も濃厚で美味しく、量は少な目だが自分にはちょうど良い。フィリピン料理もあり、現地の安食堂並み値段なので地元のフィリピン人の客が多い。サービスウォーターもポットに氷を入れてくれた。安くて十分美味しいが、わざわざタクシーで行くことは無いと思った。ホテルが近ければおすすめ。

TUNA Express Kamayan Gril's

ナイトマーケットの出るRoxas通りの向かい側の店。
マグロのカマ、KINILAW、イカ、海老と何でもあるが、シーフードミックス鉄板焼(250P)、ライス(15P)、サンミゲルライト(55P)=320Pを注文。
シーフードミックスは山盛りで出て来た。2種類の貝、小エビ、小イカ、豚肉、野菜は入っている。味は特に問題なし。ビールが来ないので督促したらコンビニに買いに行っているとのこと。500P出してお釣りが間違っていたので指摘した。

Roxas Night Market

BBQ屋台は、チキンなどの他に、マグロのカマ、イカ、魚があるが海老はない。イカは大きさで値段が異なり、最初に値段を聞いた店では180・150・130と言われた。北の入口を入ってすぐ左の店でイカの値段を聞いたら120Pと安い。他の店の150Pくらいの大きさ。ウインナー1本、豚1本、ミネラルウォーターで会計は180P。
イカは塩焼きでは無いので醤油とカラマンシーで味付けして食べました。ウインナーと豚は焼くとしぼみました。フォークとスプーンは無くポリの使い捨ての手袋を着けて手づかみで食べます。
ダバオ旅行記(2/3) ダバオ旅行記(2/3) Reviewed by lonestar on 金曜日, 7月 20, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.