coins.phアプリからbeepカードにロードする

beepカードの入手

LRT 1、LRT 2、MRTなどでの運賃支払いに使用できるプリペイドカードです。LRT 1、LRT 2、MRT 3の44のステーションの窓口で入手可。

こちらを読むと鉄道のほか、UBE Expressなど一部のP2Pも対応しているようです。GenesisのNAIA~Clarkは未対応。

この時、Balintawakの切符売り場の窓口で買ってみました。
100ペソ分買ってみました。発行手数料20ペソが差し引かれている。
beepカードのロード(入金)は駅に設置されているのこのマシンで出来るようだ。
残高は改札を通る時に表示されていました。


coins.phアプリのインストールとアカウント登録

このbeepカード、駅じゃないとロードや残高確認が出来ないと思いきや、「coins.ph」というアプリから出来るようなのでやってみました。
Coins.ph Wallet

Coins.ph Wallet

Coins Asia無料posted withアプリーチ



アプリをインストールして起動します。
アカウント作成ですが、自分の場合、Eメールで登録し、名前、誕生日、住所を入力。

途中、IDのアップロード画面がありましたが手元にパスポートが無かったためスキップして終了しました。

アカウント作成が完了し、アカウントレベルを確認してみます。アプリメイン画面の左上をタップ。
「Limits & Verifications」をタップ。
確認すると「Level1」だったため、改めてここから電話番号と、パスポート、自撮り写真をアップロードし、一応「Level2」に上げておきました。
Level2だとキャッシュインリミット額が低かったり、キャッシュアウトが出来ないようです。


coins.phへの入金

セブンイレブンでcoins.phへキャッシュインする場合のやり方です。
まずトップ画面で「Cash In」をタップします。
7-Elevenをタップします。
入金したい金額を入力し「PLACE ORDER」をタップ。
するとバーコードが生成されるのでこれを7イレブンのレジに見せて現金で支払えばcoins.phへのキャッシュイン完了です。


coins.phアプリからbeepカードにロードする

まずスマホの設定でNFCをオンにします。Android9の場合、「設定」→「接続済みの端末」→「接続の設置」にNFCの設定があります。NFC非搭載のスマホでは利用不可。
NFCをオンにしたらアプリのトップ画面で「All」をタップ。
続いて「beep」をタップします。
スマホの背面にbeepカードをかざすと残高が表示されます。続いて「LOAD YOUR CARD」をタップします。
金額を選択し、「SLIDE TO PAY」の部分を右へスワイプするとbeepカードへのロード完了です。
動画版はこちら。
coins.phアプリは事前に残高確認や入金がしたい場合に便利ですね。

鉄道だけでなく一部のP2Pバスや新型ジプニーでも利用できるこのbeepカード。この先ますます普及していくのではないでしょうか。
coins.phアプリからbeepカードにロードする coins.phアプリからbeepカードにロードする Reviewed by lonestar on 火曜日, 7月 16, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.