カミギン島旅行記(3/3)

スポーンサードリンク

ホワイト島(White Island Camiguin)

カミギン島で一番人気の観光スポットです。小雨が降りだしたので少しためらいましたが、せっかくカミギン島まで来たので行くことにしました。6人乗りの小型バンカーボートの貸切り料金450P+入島料20P=470P。20分くらいで到着しました。何時迎えに来たら良いか聞かれたので1時間と言ったら、そのまま待っていた。数時間だと一旦戻るのかも。自分は借りなかったが、ボートでパラソル150Pを貸してくれる。多分、晴れていたらすごく綺麗なんだろうなと思いつつ、小雨が止まないので30分で滞在を切り上げました。
(参考)マンティゲ島(Mantigue Island)
今回は天候が悪かったので行きませんでしたが、ベノニ港から近い埠頭(Barangay San Roque)から、貸し切りボート(6人乗り、550P)で20分くらいで行けるようです。シュノーケリングが出来たり、島の反対側のビーチはとても綺麗なようです。

カミギン島のホテルからBenoi港

(1)6:30amにホテルをチェックアウトしたが、7amくらいまではトライシクルは少ないので、Yumbing町まで歩きながらトライシクルを待ったが、Yumbingの少し前でようやく乗れた。Mambajao(マンバハオ)に行くことを確認して乗車。Mambajaoに着いたと教えてくれたが、Benoiに行のかと聞かれたので「yes」と答えたら、バン乗り場まで連れて行きそこで降ろしてくれた。(15P)。

(2)Benoi行きのバンが停まっていたが、客があまり乗ってないので、何時に出発するか聞いたら、5分後に出発するというので乗り込んだ。実際に、6人しか乗らなかったが、10分以内に出発した。多分、フェリーの出発時間に合わせて出発するのだろう。25分、30P。

Benoi港からBalingoan港

PSCの8:15am発のフェリーの切符を購入。170P、
ターミナルフィー15P。
ちゃんとセキュリティ検査をした。
行きよりも小さいフェリーです。
カップ麺を売っていたので、シーフード味40P+クラッカー10P=50Pで朝食。カップ麺は日清では無いがまあまあ美味しいが40gと量は少ない。
フェリーは所要1時間のところ、1.5時間かかり到着しました。
(参考) Benoi>Balingoan のフェリーの時刻表
「Super Shuttle Ferry」04:30 07:00 08:45 11:00 12:00 13:20 16:15 18:00
「PSC」03:30 08:15 09:30 11:30 14:00 16:45

Balingoan港からカガヤンデオロのホテル

(1)フェリーを降りて港を出たところで、「Agora Bus station」行のバンが停まって呼び込みをしてたので乗りました。10分ほどで出発して、途中で2人乗せたので、結局、客が14人になり、3人がけのシートに4人なので、時間は2時間とバスより短いが、ギュウギュウ詰めでリュックは膝の上に置くので、非常に疲れました。ただし、料金は100Pと安い。
(2)「Agora Bus station」からホテルまでメータータクシーで78.5P。
カミギン島旅行記(3/3) カミギン島旅行記(3/3) Reviewed by lonestar on 木曜日, 3月 01, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.