この、しばらく机の中に眠っていたイー・モバイル時代のGL04Pをフィリピンで使ってみようと思います。今ではヤフオク中古1000円くらいでしょうか。イー・モバイルの初期モバイルルーターはGL01P、GL02P、GL04P、GL06PがSIMフリーです。

EMOBILEポケットWiFi GL04Pをフィリピンで使う

スポーンサードリンク
この、しばらく机の中に眠っていたイー・モバイル時代のGL04Pをフィリピンで使ってみようと思います。今ではヤフオク中古1000円くらいでしょうか。イー・モバイルの初期モバイルルーターはGL01P、GL02P、GL04P、GL06PがSIMフリーです。
今回、手元にあったGlobeのプリペイドLTE SIMで試してみます。金額のロードはロードカードを購入し、一旦SIMフリー携帯にSIMを挿して携帯からロードするというやり方でやってみました。
やり方は、
  1. 223へコールする。
  2. スクラッチ削った左部分に記載されているカードナンバーを入力し最後に#。
  3. スクラッチ削った右部分に記載されているPINナンバーを入力し最後に#。
です。又は、*143#へ電話して表示されるメニューからMy Account→Load call cardを選択して案内に従ってください。

ロードが完了したら、ついでにプロモに申し込んでおきます。お勧めは「GoSAKTO」です。
  • 70ペソ
  • 7日間有効
  • すべてのネットワークにテキスト無制限。
  • 1GBのデータ通信付き。
このプロモが続く限り、お得すぎて他のプロモが使えません。「GoSAKTO」の申込方法はこちらを御覧ください。その他プロモはこちらを御覧ください。

ロード用のSIMフリー携帯が無い場合
SIMフリー携帯がない場合、携帯ショップやサリサリでロードしてもらうのが手っ取り早いです。金額と電話番号を伝えればロードしてくれます。その際、プロモの申込みまでやってもらえるかは分かりませんがSIMカード持っていけばやってくれるかもしれません。無理ならGlobeのウェブサイトから申し込み可能です。ただし、My Accountに管理したい電話番号を登録する際にSMS認証が必要なので、GL04PにSIMを挿してPCと接続し、PC上でGL04P設定ツール画面のメーッセージボックスから受信した認証キーを確認してSMS認証を完了させて下さい。又は後日書きますが「HUAWEI HiLink」というアプリでプロモの申込みが可能です。個人的にはSIMフリー携帯がないと何かと不便なので数百ペソの携帯を現地で買った方が良いかなと思います。

金額のロードとプロモの申し込みが完了したらGL04PにSIMを挿入します。この際、GL04PはレギューラーサイズSIMなので、もしmicroやnanoにくり抜いてしまっていたらアダプターが必要になります。又は、レギュラーサイズの型がまだ捨てずに残っているなら、元通りに型にハメ込めが利用できます。
SIMをセットし電源を入れたら、PCと接続します。
ブラウザを起動し、「http://pocketwifi.home」にアクセスしてGL04P設定ツールを表示させます。その際、海外にいると国際ローミング設定画面が一発目に表示されるので、「有効」を選択してWeb設定ツールTOP画面へと進みます。ここで「無効」にしてしまうと全く通信できません。
設定ツールTOP画面です。特に変更していないならユーザー名「admin」、パスワード「admin」でログインします。
ログインしたら「設定」→「WAN設定」→「プロファイル設定」へと進みます。ここで、プロファイル名を適当に「Globe」、APNはスタティックにチェックを入れて「http.globe.com.ph」と入力して保存します。
Smartの場合、APNは「smartlte」です。
引き続き、「接続」をクリックし「接続先変更...」をクリックします。
ここで先程保存したGlobeのプロファイルを選択して適用させれば完了です。これでGlobeでのデータ通信が出来るはずです。
確かにこれでデータ通信できました。が、しかしです。LTEガンガンのエリアでも何故か3Gオンリー。。GL04PはGlobeのLTEの周波数帯1.7GHz帯(1800MHz帯)にも対応しているはずです。
しかし周波数選択画面でLTEを選択しようとしてもグレーアウトしてしまって選択できません。そうなんです。このGL04P、海外だとLTE接続出来ない仕様なんです、たぶん。。海外だとダメなのかフィリピンだからダメなのか、その辺はちょっと分かりませんが、WCDMAのみに固定されてしまっています。ショック。。
LTE接続出来ないとはいえ、3Gでも問題なくPCあるいはスマホでネット出来ます。ただ、Nexus5でLTEのテザリングと比較するとやっぱり3Gは遅いですね。

他に手元にZTE MF65Mという、4G(正確にはLTEではなくHSPA+)のポケットWiFiがありましたが、速度はGL04Pと変わりませんでした。
GL04P(3G)、ZTE MF65M(HSPA+)、Nexus5テザリング(LTE)での速度比較です。PCでの計測で3回計測の平均値です。場所はパグサンハンでいずれもGlobeのプリペイドLTE SIMです。
機種 PING(ms) DOWNLOAD(Mbps) UPLOAD(Mbps)
GL04P(3G) 86 2.29 0.06
ZTE MF65M(HSPA+) 69 2.17 0.44
Nexus5テザリング(LTE) 57 6.98 2.82


やはり体感でもLTEが早く一度慣れてしまうと3GやHSPA+は使いたくなくなってしまいます。なのでせっかく持ってきたGL04Pはほとんど使わずにNexus5のテザリングでずっとPC使ってました。ただ、Globeの3Gも使えなくはありません。そこそこ使えます。

それからデータは取ってませんがGlobeとSmartのLTEの比較だとパグサンハン、バタンガス、ラオアグではGlobeの方が快適でした。マニラはどっちも似たようなもんでした。アンヘレスは比較ができないほどどっちもダメですが若干Globeの方が良いかなって感じです。

もし、これからポケットWiFiを買う場合は、現地で売られているLTE対応の物がGL04Pよりもおそらく快適にインターネットが出来るのではないでしょうか。
Globeのウェブサイトを見るとLTE対応のポケットWiFiが1495ペソで7日間5GB付いているようです。右側の888ペソの安い方は一応4Gって書いてあり、現状LTEと4Gは同じ認識で使われていたりするので一瞬LTEかと思ってしまいますが、おそらく3G/HSPA/HSPA+なのかと思います。1495ペソの高いほうが下り最大42Mbps、888ペソの安いほうが12Mbpsみたいです。因みにGL04PはLTE下り最大75Mbpsですが、フィリピンではその能力を発揮することは出来ませんでした。

Link

0 コメント:

人気の記事(過去30日)