ボホール/アロナビーチ旅行記(4/5)

Posted:金曜日, 8月 05, 2016 by lonestar
スポーンサードリンク
この記事は投稿情報による記事です。

アイランドツアー

NET情報では、アロナビーチを歩いていると勧誘があり、バリガサグ島+ヴァージン島のセットで1000P~1400Pくらいとあったので、さっそく近寄って来た勧誘員に尋ねると700Pだったので値切らずに翌日のツアーを予約しました(前払いでレシートをくれる)。ホテルから近く1人なので、ビーチの集合場所に翌朝6時に来るよう言われました。
予約後、ビーチロードを歩いていたら別の勧誘員が来たので試しに値段を聞いたら、言い値700Pですぐ600Pに下がったので多少の交渉余地があるようです。我々のバンカーボートの客は、自分、台湾人?カップル1組、フィリピン人カップル2組、フィリピン人女性2人連れ、白人カップル1組の11人。
朝6時過ぎに出て、午前11時ころ帰着だったので昼食が無いのは当然としても、ドリンクサービスも無かった(ミネラルウォーターを持参したので問題なし)。

イルカウォッチング

アロナビーチからバリカサグ島(Balicasag Island)に向かう途中でイルカが出没するポイントに立ち寄る。沢山のバンカーボートがイルカを見つけると一斉に移動する。

バリカサグ島

バリカサグ島もヴァージン島も桟橋は無く、バンカーボートの梯子を下り膝位の海の中を歩いてビーチに上陸するので、濡れても良いように水着(泳がない場合は半ズボンなど)とサンダル着用は必須。フローティングベストはバンカーボートから降りるときに持って行くように言われる(ここでシュノーケリングするため)。
バリカサグ島に到着すると先ず休憩所に立ち寄り、朝食(300P)と飲み物の勧誘があるが朝食は誰も注文しなかった。
休憩所で小舟でのシュノーケル(ツアーと別料金250P)の勧誘があり、ビーチで長時間ボーとしているのは退屈するで参加することにした。自分はシュノーケルセット(マスク、シュノーケル、フィン)を日本から持参したが、シュノーケルとマスクは借りられるがフィンは無かった(機材レンタル料は250Pに含まれるか確認しなかったが多分別料金)。ツアーのバンカーボートが到着するエリアの隣りがシュノーケリングエリアで、そこまで小舟で移動して海に入りシュノーケリングします。エサは撒きませんが小魚は沢山いました。海岸からすぐ近くのところでシュノーケリングするので終わったら小舟に戻らずに海岸に上陸するよう言われました。
海岸を歩いてバンカーボートに戻るわけですが、最初から知っていればシュノーケルセットを持っていたので海岸を歩いてシュノーケリングポイントとに行き、ビーチエントリーでシュノーケリング可能なので250P節約できました。

ヴァージン島

続いてヴァージン島(Virgin Island)へ。無人島だが、日中は ツアー客相手に果物やアワビやサザエなどの魚介類を売る店が出る。曇りだったのと観光客が多く期待外れでした。

Link


関連記事:


0 コメント:

コメントを投稿