「internet.org」でFacebook、Messengerなどが完全無料

スポーンサードリンク
internet.org」というサイトを見ると以下の様なことが書かれています。

Internet.orgは、Facebookが進めているインターネットアクセスがない世界の3分の2にインターネットを提供することを目標として集まったテクノロジー企業、非営利団体、地域コミュニティなどによるイニシアチブです。

どうやらFacebookはinternet.orgを通して、インターネットが普及していない世界の3分の2の国に対して同サービスの提供を進めているようです。internet.orgはFacebookなどといった特定のインターネットサービス、またはウェブサイトを通信料無料で利用できます(ただし、画像が表示されないなど一部制限があり)。フィリピンでは通信大手PLDT傘下のSmart Communicationsと提携しています。残念ながらGlobeは未対応です。フィリピン以外にもコロンビア、ガーナ、タンザニア、ケニア、インド、ザンビアで既にローンチされています。

始め方は特に難しいことはなく、以下からアプリを入手するだけです。(日本からだとインストール出来ないかもしれません。)
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.internet
インストールしたら「internet.org」のアイコンをタップします。(このときGlobeのSIMが挿さっているとエラーがでます。)
フリーで利用できるサービスの一覧が表示されています。天気予報や検索、Facebookなどがあります。
フィリピン人がよく使うMessengerもフリーです。
よく使うアプリやサイトは、使っているうちに一番上に表示されるようになります。
この様に、このアプリ経由でアクセスすれば無料で通信できます。ロードが減ることはありません。もし滞在中、通話とSMSとFacebookのメッセンジャーで十分というのでしたら、データ通信の料金は気にすることはないでしょう。このアプリ経由のメッセンジャーなら無料だからです。

又、このinternet.orgのアプリをインストールしなくても、Smartのデータ通信でFacebookアプリを起動すると以下の様な無料ボタンスイッチが画面上部に現れます。これをONにすることで無料で通信できます。Globe SIMだとこのスイッチは現れません。
このことから、Smartユーザーのフィリピン人は既に無料でFacebookやMessengerを利用している人も多いのではないでしょうか。以前のようにロードが無いためにネットに接続できなくて、なかなかMessengerで連絡がつかないということも少なくなるかもしれません。

この様にSmartでデータ通信出来ている限り無料でメッセージが送受信できます。問題はSmartのLTEや3Gが場所によりまだまだ貧弱だということだが…。

0 コメント:

人気の記事(過去30日)