飛行機から降りた瞬間、モワッとした熱い空気が。そう、ここはフィリピン。

アンヘレス紀行 ~2015冬バスの旅編~

スポーンサードリンク
飛行機から降りた瞬間、モワッとした熱い空気が。そう、ここはフィリピン。
空港(T3)で両替しようとするが、3600ペソという数字を見て、思わず目を疑った。
他の両替所も似たようなレートだった。そして空港での両替は諦めた。
スマートの売り場で300ペソ分のロードカードを買う。
この時点で、手持ちはちょうど500ペソ札1枚。前回の旅行で余った金だ。この500ペソでアンヘレスまで行かなくてはならない。まぁ、なんとかなるだろう。
この先アンヘレスまでの長い旅に備えて、エレベーターで4階フードコートに行く。
案の定、3~4階部分のエスカレーターは停まっていた。重いスーツケースがあったのでエレベーターを使って正解だった。写真奥にエレベーターが見えます。
何を食べようかな。
おっ、チョコレートケーキだ!これにしよう。
フィリピンのチョコレートケーキは強烈に甘いですが、甘いモノは大好物です。実は、日本でも毎日チョコレートがかかせません。
フィリピンではエルミタロビンソンUCC Cafeのチョコレートパフェが大好きです。ちょっと高いですが。。
食事を終え、前回も利用したHMシャトルバス乗り場に行くと長い行列ができていた。これで行くとタフトにあるジェネシスのバスターミナルまで20ペソで行けます。最終が10:00pmだそうです。
前回のバスとは違い、荷物入れがあったので助かりました。
席に座れなかった客は通路で立ち乗りです。
途中、ちょうどエドコン前にあるバス停の様な場所で大勢降りて行きました。
自分は終点のジェネシスのバスターミナルで降りました。
My Tracksというアプリで記録してみました。(記録開始ボタン押し忘れでスタート地点が途中からになっています。)
前回利用したGenesisのDAU経由バギオ行きが見当たらず、他を探していたところ、ちょうどSaulog TransitのDAU経由バギオ行きのバスが停まっていました。
Saulog TransitはGenesis系列のバス会社です。よし、これで行こう。料金は150ペソです。
青線が速度ですが、高速に乗るまでは20km以下の大渋滞でした。緑線が標高ですがアンヘレスは150mもある。ちょっとした小高い山じゃんか。
道中は隣のバスと、抜きつ抜かれつで面白い。
たまに、かわいい女の子と目が合ったりして。バスの窓から見る外の景色や、行き交う人達を見るのが好きだ。
途中、クバオのGenesisバスターミナルでトイレ休憩がありました。
DAUのMabalacatバスターミナルに到着した頃には暗くなっていました。
タフトからダウまでの経路です。ファイブスターなどと同じです。
移動時間2時間53分54秒、平均速度31.92km/h。おッセー!これに先ほどの空港からタフトまでの移動時間を足せば、空港からは約3時間半かかった計算になる。遠すぎアンヘレス。。クラーク直行便希望。
DAUに着いた時点での残金は220ペソと小銭が少々。
ジョリビーでチキンスパゲティを食べる。セット名がC3ってやつですね。
残り100ペソ。
気の良さそうな兄ちゃんのトライシクルでホテルへと向かいました。
バスの旅、割と楽しい。

Link:アンヘレスの行き方

0 コメント:

人気の記事(過去30日)