スマホで自分が今いる場所を地図で相手に知らせたい場合、Google Map上で画面長押しから"共有"をタップすればメールやSMSなどで相手に地図のURLを知らせることができる。しかし、この場合自分が移動してしまうとそのたびに送り直さなければならない。しかもその...

Google+で現在地を共有する

スポーンサードリンク
スマホで自分が今いる場所を地図で相手に知らせたい場合、Google Map上で画面長押しから"共有"をタップすればメールやSMSなどで相手に地図のURLを知らせることができる。しかし、この場合自分が移動してしまうとそのたびに送り直さなければならない。しかもその時の相手の居場所は分からない。
もし相手がGoogle+の友達ならばお互いの位置情報を共有することができる。共有すると常にお互いの今いる場所が地図上で確認できるようになる。
設定は、まずGoogle+を起動し左上の顔マークのアイコンをタップします。
基本情報タブの下の方に"現在地の共有の設定"というのがあるのでそこをタップします。
右上にあるチェックボックスにチェックを入れて位置情報をONにします。そして"共有相手を選択"をタップします。
共有したい相手にチェックを入れます。注意しなければならないのはこの時のチェックは相手に自分の現在地を閲覧可能にするということなので、相手の現在地を知るには相手側の設定で自分にチェックを入れてもらう必要があります。要するにお互いに自分の現在地を、指定した相手に閲覧可能にすれば設定は完了です。
設定が完了したところで実際に確認してみます。Google+を起動し上にある"すべて"をタップすると下に"場所"というのが現れるのでそこをタップします。
Google Map上に自分と相手の位置が表示されます。誤差は多くて数メートルといったところ。この時自分はLA Cafe、相手はマラテのKTVです。もし共有した相手が複数いるならばここにたくさん表示されるはずです。
地図上の相手に素早くハングアウトでSMSを送ることやルート検索することが可能です。
相手が一緒の時は完全に重なって見えます。
このように常に共有相手の居場所が分かるので待ち合わせに便利かもしれません。
また、スラれた時は共有相手のスマホで、電源が切られない限り確認、追跡できます。
また、恋人同士ならお互い浮気防止になりますが、ヘタするとがんじがらめに縛られるのでやめたほうが良いでしょう。逆に縛りたいのなら日本からでも監視できるでしょう。
また、小さなお子さんがいるご家庭なら子供と共有し防犯にもなるでしょう。
このように常に自分の居場所が相手に分かりなんだか気持ち悪いですが、解除したい場合は先程の共有相手選択画面でチェックボックスをオフにすれば簡単に解除でき相手には見えなくなります。

0 コメント: