Google Mapオフライン状態で位置情報機能を使う

Posted:火曜日, 10月 21, 2014 by lonestar
スマホでGoogle Mapをオフラインで見る場合、最大サイズ50km x 50km以内で端末に保存することができる。(日本地図以外で)
50kmと言うとかなり広い。例えばメトロマニラ全体がスッポリ入ってしまう。
まず、マニラ首都圏を保存する場合、下の画像のようにエリアを表示させ上の検索窓をタップします。
すると"オフライン用に地図を保存"と出るのでタップすれば保存できる。これだけだ。
保存した地図は、左メニューのマイプレイスから見ることができる。
ただし、あまり範囲が広すぎると保存した地図をオフラインで拡大して見た時、情報の無いスッカスカの地図になってしまう。なのである程度狭い範囲にしぼる必要がある。
また上記とは別に、もっと手っ取り早いやりかたでキャッシュに保存してしまう方法がある。これから行くであろう場所をあらかじめネット環境下で表示させておくだけだ。これだけでキャッシュに保存され、後でオフラインでも表示できる。キャッシュはそんなすぐには削除されないのでこれで十分だ。渡航前に日本でやってもいいだろう。なるべく拡大したりして細かいところまで表示させておこう。
また、オフラインでも位置情報を取得することが可能だ。"設定"→"位置情報"でONにします。
オフラインだが、青い点で現在地が表示されている。
もっと広い範囲でマニラ - アンヘレス間をキャッシュしておけば、例えば到着後の空港からの移動中、自分がどの辺を走っているのかがわかる。初めてのホテルでも地図上の位置さえわかっていれば運転手にホテルまで誘導することも可能だろう。
バタンガス - プエルトガレラ間のバンカーボート上だって平気だ。
そして自分が一番試したかったこと、それは日本-フィリピン間の機内だ。今回、帰国時にセブ・パシフィック機内で試してみました。マニラの空港でフィリピン-日本間を表示してキャッシュさせ、あとは位置情報をオンにし、機内モードで試してみた。
う~~~ん。。離陸前までは表示されていたものの上空まで行くとグレーアウトしてしまいダメだった!なぜだろう。通路側の席だったからだろうか?窓にくっつければいけたのか?。。とにかく今回はダメだった。非常に残念だ。今、どのへん飛んでるか分かれば便利だなと思ったが非常に残念だ。まぁ時計を見ればだいたい分かるが。。

関連記事:


0 コメント:

コメントを投稿