まず、"Smart Services"というAndroidアプリを試してみました。アプリは こちら からダウンロードできます。

フィリピンSMARTのAndroidアプリと、SIM Toolkitを試す

スポーンサードリンク
まず、"Smart Services"というAndroidアプリを試してみました。アプリはこちらからダウンロードできます。
インストールして起動するとログインを求められるので"CLICK HERE"をタップしてアカウント取得へと進みます。現地でフィリピンの電話番号を入力し送信します。するとSMSでパスワードが届くのでそのパスワードでログインします。次回からは同じパスワードでログインできます。
追記(1/2015):その後このアプリはMy Smartに変更され、Smartアカウントでのログインが可能になりました。
トップ画面です。"ACCOUNT"をタップしてみます。
現在の残高が表示されていました。
続いて現在使っているSIMの種類を選択し、"CHECK"をタップしてみます。
現在の残高や、申し込んだプランの有効期限がSMSで届きました。残高が147.5ペソ、AllNet Txtsの残高が30ペソで11月3日まで、Unli Surfが9月10日の6:48amまでということがわかります。
続いて"INTERNET"をタップしてみます。
自分がよく使うUnli Surfを見てみると、たくさんあるはずのプランが何故か一日と一週間と一ヶ月しかありません。その代わりOpera Miniを使うとかなり安くなるプランがあったので申し込んでみましたが、
"このサービスは使用できなくなりました。"と、SMSで届きました。。なんなんだよ!
パサロードはこのアプリで簡単にできました。
ネット環境がないとログイン出来ないのと、アプリを起動するたびに番号と、パスワードを入力しなければならないのが煩わしいです。選択できるデータプランも少なかったり、なんだかイマイチパッとしないアプリでした。

続いて、SMARTのSIM Tookitを試してみました。SIM Tookitは特にアプリをインストールする必要もなく、SMART SIMを挿入すると勝手にアイコンが出現して使えるようになります。ネット環境も必要ありません。
トップ画面です。特にアカウントを取得する必要もありません。できることはSmart Servicesアプリとほとんど同じのようだ。一番上の"Prepaid Balance"をタップすれば、SMSで残高やプランの有効期限などが送られてきます。こちらも無料です。
"Mobile Internet"をタップして、UnliSurfの項目を見ようとしましたが、WAP設定を有効にしろと出てしまいましたので、書いてある通り端末のモデル番号を211へテキスト送信します。
すると中へ入れましたが、やはりAndroidアプリと同じように3種類しかない。
Always Onもこれだけ。
SIM Toolkitもイマイチな感じですが、こちらはネット環境も必要なく、インストールもログインもする必要もないので手軽に使えますがあまり使い道がないような。。手早く残高確認ができることくらいか。。

0 コメント:

人気の記事(過去30日)