Hangouts DialerでGoogle Voice発着信が便利

Posted:土曜日, 9月 13, 2014 by lonestar
TalkatoneがGoogle Voiceのサポートを終了してしまい不便でしたが、ようやくHangoutが対応してくれたので早速Hangouts Dialerをインストールしてみます。
インストールし、Hangoutも最新のものに更新します。ずいぶんデザインが変わりました。HangoutもHangouts Dialerも起動すると同じ画面が表示された。
早速フィリピンのSMARTの番号へ電話してみました。一番右のタブがGoogle Voice発信だ。番号を入力するとフィリピンまで$0.15/分と表示されていました。現在の残高も表示されています。ちなみに、真ん中のSMSのタブから電話マークをタップして発信すると通常のSIMの電話番号で発信できる。
残高の右横の+マークをタップするとクレジットが購入できるようだ。
発信先相手の画面表示ですが、自分のGoogle Voice番号が表示されていました。
こちらの待受もGoogle Voice番号で着信しました。Talkatoneと違い、アプリを起動していなくても着信するのが便利だ。ただしこの時、"設定"の中の着信通話で"Google Voice番号に電話があったときにハングアウトで着信音を鳴らす"にチェック入れておくこと。デフォルトではオフでした。
クレジットの追加はGmailからも可能だ。たぶんGoogle Voice番号取得してなくても発信できるのではないでしょうか。
しばらくフィリピンへの電話は"FUSION IP-Phone SMART"使っていましたが、これでまたGoogle Voice復活だ。
Google Voice番号を取得した時の記事はこちら

関連記事:


0 コメント:

コメントを投稿