ボラカイ深夜着は可能なのか?

Posted:金曜日, 1月 10, 2014 by lonestar
セブパシフィック、マニラ-カリボ片道298ペソプロモを勢いで買ったはいいが、カリボ着が夜11時5分って何よ…。
船とか運行してるのか?ヤバイな。
 成田から出発し、マニラ空港T1に午後17時40分到着。両替を済ます。
 4152円。4000割りそうな勢い。
 T3への無料シャトルバスはこっちだ。
 ちょうど待機していた。
 T3へは30分おきに出ているようだ。
 午後6時30分。T3の裏口みたいな場所に到着。なんだかんだで移動に1時間かかった。
 時間がたっぷり有るので最上階で食っちゃ寝食っちゃ寝する。
 なんと、カリボ行きが1時間遅れて午後11時マニラを発つ。ヤバイ。
 カリボ着が深夜0時になってしまった。はたしてカティクラン港行きのバンはあるのか?ヤバイな。
 この時間、これが唯一運行しているようだった。バン250ペソ。船100ペソ。
ということは船も運行してるのかな?
 車は満車で、なぜか女ばかり。中で250ペソ支払う。
 途中、女達の家に寄りながらほとんどが降りてゆく。
 深夜2時40分、カティクラン港に到着。
 おっ、まだやっているようだ。
 窓口でTerminal Fee100ペソと、とEnvironmental Fee75ペソ支払う。

 小さなバンカーボートではなく立派な船だ。
 こんな時間でもけっこう人がいる。
 中で100ペソ支払って、深夜3時20分カティクラン港を出港。
 約20分でボラカイに到着!ようやく着いたが暗くて何も見えない。しかもまだホテルが決まっていない。
 安くてグッドなホテルへ連れてってくれと頼む。中心部まで100ペソ。
 途中で降ろされ、砂浜を歩く。あの光がそうかな?
 おお、ここだ。紹介されたMorning Star Beach Resortだ。安いと言っていたが、いくらなんだろう。
 誰もいない…。
 すでに時計は4時を回っていた。
 隣の24時間営業しているレストランで食事する。
 再び戻り、ここでしばらく待っていたら、すごく気のいいオーナー夫妻が起きてきました。こんな時間に来た僕のことをすごく心配してくれ、コーヒーを出してくれました。
 早朝にもかかわらず、割増し料金なしでチェックインさせてくれました。あいにく一部屋しか空いておらず、デラックスルーム(Fan)の1300ペソだ。スタンダード(Fan)で1000ペソだが満室だった。ローシーズンだったらもっと安いらしい。さすがボラカイ、ホテルが高い。
ちょっ、昨夜暗くてわからなかったが、こんなに綺麗だったのか…。


関連記事:


1 件のコメント:

  1. とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

    返信削除