《1日目》 こちら のページから"新規登録"をクリック。 eBayの支払いのためだけなのでパーソナルでよさそうだが、せっかくなのでビジネスをクリック。 入力した項目 ・事業タイプ ・事業者名(社名・組織名等) ・郵便番号 ・都道府県 ...

PayPal ビジネスアカウント取得メモ

スポーンサードリンク
《1日目》
こちらのページから"新規登録"をクリック。
eBayの支払いのためだけなのでパーソナルでよさそうだが、せっかくなのでビジネスをクリック。
入力した項目
・事業タイプ
・事業者名(社名・組織名等)
・郵便番号
・都道府県
・市町村
・番地
・建物名・階・部屋番号
・国
・メインの通貨
・カテゴリ
・サブカテゴリ
・姓
・名
・所属部署/肩書き
・生年月日
・国籍
・勤務先電話番号

入力しなかった項目(空欄のまま)
・会社の成立日
・会社のURL
・自宅電話番号
・携帯電話番号

入力後、続行をクリックすると"本人確認の手続きのお願い"という画面になる。
と同時にメールアドレスの確認メールが届く。"メールアドレスを確認"をクリック。
確認が正しく行われ、引き続き"本人確認に進む"をクリックする。
アップロードをクリック。
規約に同意にチェックして、"ファイルをアップロード"をクリック。
免許証裏表スキャンして、ファイルをアップロードし、"ファイルを送信"をクリック。
ステータスには"書類を確認中"となっている。
数時間後、本人確認書類の提出は"完了"となっていた。
ステップ2は"暗証番号を準備中"になっている。自宅に暗証番号が送られてくるので、その間クレジットカードの登録などをしておく。

《2日目》
なぜかパスワードとセキュリティーの質問/答えの変更のお願いメールが来たので変更する。

《3日目》
特に何もなし

《4日目》
暗証番号が書かれた簡易書留が届く。
マイアカウントから"暗証番号を入力"をクリック。
ハガキに書かれたアカウント取引専任者用暗証番号を入力して"確認"をクリック。
法人としての本人確認が完了したとのメールが届く。
続いて、クレジットカードのオンライン明細をみると、PayPalから200円の請求がきていた。そこに書かれていた4桁のコードを入力。
PayPalの認証済み会員となり、24時間以内に200円は払い戻されるようだ。
が、しかしマイアカウントの概要を見るとまだアカウントへのアクセス制限がされている。"この制限の解除方法を見る"をクリック。
住所を証明できる書類だぁ?いつの間にかこんなのが追加されていた。"解決"をクリックし、健康保険証を裏表スキャンしてアップ。だんだんイライラしてきた。
《5日目》
住所を証明できる書類は処理中のまま。
《6日目》
アカウントアクセスが回復しましたとのメールが届く。ログインしてみると"お客様のアカウントアクセスは完全に回復されました"と表示されていた。
6日目にしてようやうアカウントが正常になった。そして、肝心のeBayの入札期限は過ぎていた…。

0 コメント:

人気の記事(過去30日)